未分類

【WORST】梅星一家 鈴蘭の迫田武文の強さや室戸との決戦まとめ!

WORSTのキャラ迫田武文についてまとめてみました。主人公月島花と同じ梅星一家の住人で鈴蘭の中の派閥の一つ、花組の一人でもある。同世代からは恐竜などと言われ恐れられていて腕っぷしに相当の自信を持っている。そんな迫田の各出来事のポイントなどもまとめているので詳細情報を知りたい方は、ぜひご覧ください!

迫田武文とは


鈴蘭の派閥の一つ花組に所属し、梅星一家の住人でもある。岸中出身で中学校一年の頃、護國神社で行われた坊屋春道とリンダマンのタイマンに強く心を揺さぶられ、いつかは自分もあんな熱い勝負を繰り広げてみたいとカラスの高校と呼ばれる鈴蘭へ入学を決意をした。

梅星一家6号室の住人

花と同じ梅星一家の住人。下宿先の梅星一家のもとへ入って間もなく、下宿仲間達の上下関係を明確にしようと提案をする。寅を一方的に下に見ていたことで花と衝突することになる。力による制圧をすべてとする迫田とは対照的に、それぞれが対等な関係を望む花とのタイマンに負け、横暴な振る舞いは変わらないながらも次第に家族としての生き方を受け入れるようになっていく。またマリ姉得意の驚かしでは下宿仲間で一番驚くらしく、初めて会った時には白目をむいて倒れたらしい。

迫田の強さ

同世代からは恐竜と恐れられるほどの腕っ節の強さを誇り、それ故にかなりの自信家でもある。しかし1巻での花とのタイマンでは完敗し花の実力を認める。そのため他校から優勝候補筆頭と目されていた鈴蘭一年戦争には「俺は予選落ちだからよ」と欠場する。天地軍団との戦いでは室戸兄弟の弟と対決し勝利するなど喧嘩のポテンシャルは高い。

仲間を集め花組を立ち上げる

花が鈴蘭の一年戦争を制した後、花の目標である「史上初の鈴蘭制覇」を実現させるべく、蓮次や八板を募って花組を立ち上げた。鈴蘭にはブッチャー一派、ゼットン一派、秀吉一派、など大小様々な派閥があるため、その派閥とやりあうためにも花組は必要だと迫田は考えたのだ。

室戸・弟との決戦

天地軍団との最終決戦では、花が天地との決戦をしている中、他の場所で最大の難敵とみなされていた負け知らずの極悪兄弟、室戸兄弟の弟、室戸康明を圧倒して大きな役割を果たした。

迫田の名言

「ワル者だ!」

迫田の中学時代の同級生あゆむが高校になってもよくなさそうなやつらとつるんでた、迫田は「あゆむはあいつらといたくないんだな本当は」と気づく。結局高校でも金銭などを取られていじめられてたあゆむ。迫田はあゆむを呼び「あいつらぶっ飛ばしてやろうか?」とあゆむに問いかける。しかしそれを花が止める。花は自分で解決しなければまた俺たちがいなくなったらやられるぞと言われ、あゆむは自分自身で解決することを決める。あゆむは何度も殴られたが「もう君らとはかかわらない」と伝え相手もその勢いに押されてその場からいなくなる。それを陰で見ていた迫田はいじめていたやつらにいきなり襲い掛かる。いじめていた奴の一人が「お前誰だ!」と言い、そこで迫田は「ワル者だ!」といって全員をぶっ飛ばす。

まとめ

鈴蘭初の番長を目指す花を担ぐ参謀役的存在の迫田。腕っぷしは強く、横暴な振る舞いはあるものの中学時代の同級生を助けるなど心優しい一面もある。そんな迫田について何か情報がありましたらコメント欄の方でお願いします!