未分類

【WORST】梅星一家 鈴蘭の武藤蓮次の強さや泣くシーン兄についてまとめ!

WORSTのキャラ武藤蓮司についてまとめてみました。梅星一家の住人で鈴蘭の派閥では花組に入る、花の参謀役的存在の一人武藤蓮司。そんな蓮司の強さや各出来事のポイントなどもまとめているので、詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください!

武藤蓮司とは

梅星一家1号室の住人で鈴蘭の派閥の一つの花組に所属。三中出身で中学の頃は狂犬と呼ばれるほど荒々しい性格をしていたらしいが、作中ではさほど目立っシーンはなく、むしろ頭脳派のように扱われている。外見では金髪のリーゼントがトレードマークだが、他人思いの優しい性格をしている。

梅星一家1号室の住人

梅星一家1号室の住人、あまり目立つような存在ではなく、どちらかと言えば穏やかな相談役。どことなく藤代拓海とキャラが被ってしまう感がいなめない。花と迫田の喧嘩を見て蓮司も鈴蘭一年戦争を辞退している。

花組で参謀役をつとめる

花が鈴蘭一年戦争を制覇し、花の目標の「鈴蘭初の番長」を叶えるために迫田ら梅星一家で花組を結成。感覚派の迫田が現場担当のリーダーとして動くことが多いのとは対照的に、蓮司自身は頭脳派の参謀役を引き受けることが多い。なので喧嘩の腕っぷし自体は目立つほどではない。

行方不明の兄

蓮司には兄がいて、その兄は仕事を簡単にやめるなどフラフラしていて行方があまり分からない様子。そんな兄を心配するシーンが作中ではあり、兄貴思いの弟の一面をのぞかせています。

武藤蓮司が着ているスカジャンがカッコイイ

武藤蓮司はよくスカジャンを着ているのですが、読者からはそれが結構カッコイイと評判らしいです。ちなみにこんなのをよく着ています。

梅星一家を出るときに泣くシーンが感動的

鈴蘭で卒業式を終え、梅星一家を出ることになる。蓮司が家出て玄関前でマリ姉や政やんに挨拶をすましているときに一番最初に涙してしまう。それを見た花や寅など梅星一家で下宿していたメンバーは「あの蓮司が泣いている」とみんな驚きもらい泣きしてしまう。そのシーンはファンの中で名シーンとして語られている。ちなみに蓮司は卒業後は東京へ行く予定。

武藤蓮司の名言

「目指すのは誰も登ったことのねーはるか雲の上だ急いては事を仕損じるだぜ・・・」
「血が多すぎてたまにこーやって抜かねーと腐っちまう・・・どいつもこいつもそんなツラしてるじゃねーか!」

まとめ

梅星一家のメンバーで花組の参謀役的存在の武藤蓮司。鈴蘭を卒業し梅星一家を出るときに涙したシーンは記憶に残りますね。武藤蓮司について何か情報がありましたらコメント欄の方でぜひお願いします!