未分類

【WORST】梅星一家 武装戦線の藤代拓海の強さや抗争などまとめ!

WORSTのキャラ藤代拓海についてまとめてみました。主人公月島花と同じ梅星一家の住人だが、他の住人とは違い武装戦線に入っている。七代目に代替わりする時は副頭になっている。そんな拓海の各出来事のポイントなどもまとめているので詳細情報を知りたい方は、ぜひご覧ください!

藤代拓海とは


七代目武装戦線副頭。梅星一家2号室の住人。加地屋中出身で、将五・天地の同級生。黒咲工業高校に通っていたが、2年生の時に家の都合で退学し、その後はバイク屋「フジキ」で働いている。容姿端麗で性格は沈着冷静、争い事は好まないが喧嘩の実力は非常に高く、合気道のような投げ技を使うこともある。

梅星一家2号室の住人

花と同じ梅星一家の住人。他の住人は鈴蘭の生徒だが拓海だけは黒咲へ行く。拓海が家庭の事情で学校を退学する。ですが梅星一家いられるのは高校性だけで高校を退学した拓海は出ていかないといけないのだが、拓海が「みんなが卒業するまで居させてください」と政やんに頼み卒業するまでみんなといることが出来るようになった。退学後はフジキという自動車修理工場で働いている。余談ですがフジキには前作のメインキャラクター本城俊明(ポン)が先輩として勤めている。

武装戦線の副頭

武装の副頭として活躍する場面は多い「黄泉の梟」との抗争の裏に「漆黒の蠍」の暗躍があることを見抜き、萬侍帝國に対抗するためE.M.O.Dとの同盟を成立させ、戸亜留市連合と萬侍七人会とのタイマン決戦に際しては、国吉と共に萬侍副総長の谷に掛け合ってメンバーの無事を確保するなど、知略とそれを実現する行動力に長けている。武装の五代目副頭である柳と昔からの仲で、着用しているライダースジャケットは柳が五代目引退の時に譲り受けたものである。

拓海の強さ

喧嘩の実力は高く、花組のナンバー2である迫田も「まともにやりあったら勝てないかもしれない」と言わせる程の実力。合気道のような投げ技を得意とし、放火兄弟と恐れられる室戸康明も油断していたとはいえ投げ飛ばしている。その強さから、武装戦線だけではなく天地軍団からもスカウトがきていた。退学する前は黒咲工業の番長にもなれるとまで言われていたが、争い事を嫌う性格なので「興味はない」と言ってならなかった。

黄泉の梟との抗争を止めるため武装戦線に加入

高校入学前に将五らから武装入りを勧められ、その後も度々武装にスカウトされていたが、集団行動が苦手などと言って断り続けていた。鉄生の死後、「黄泉の梟」との抗争を止めるため武装に加入し、「慚愧の虎」の頭・晴本を仲裁に立てることで抗争を止める。その後、七代目副頭となった。

拓海の名言

「その場しのぎの安っぽい同盟じゃねー互いを認めるこの先の運命を一緒にするホントの同盟だ」

E.M.O.Dとの抗争中に萬侍帝国が戸亜瑠市を侵略しようとしていること知る。藤代はE.M.O.Dの副頭「国吉 洋次」とのタイマンの最中だったが、それを中断。萬侍帝国が攻め込んでくることを伝え、同盟を組むことを提案する。その際に言ったセリフ。

まとめ

武装戦線の七代目副頭。冷静沈着で、争い事を嫌う性格だが喧嘩の実力は高い。また容姿端麗なこともあり、作中では度々女性からラブレターなどをもらうことがある。そんな拓海について何か情報がありましたらコメント欄の方でお願いします!