未分類

【クローズ】最強の男 リンダマンが強い理由や身長 名言などまとめ!

クローズに登場するキャラクターリンダマン(林田 恵)についてまとめてみました。鈴蘭史上最強の男と呼ばれ町の不良達からは圧倒的な強さから恐れられている。数々のリンダマン伝説や何故リンダマンがここまで強いのか調べてみました。そんなリンダマンについてまとめてあるので詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください!

リンダマン(林田 恵)とは

鈴蘭史上最強の男。阪東の同級生。体格が非常によくあまり人と話さず、普段は学校に顔を出さず、弁当屋でアルバイトをしている。派閥に属さない一匹狼で、鈴蘭の抗争にも全く興味を示さない。幼いころに両親を失い、養父家族も悲惨な事件で失くし、それを自分の責任と思い込んで桂木以外の人間に対して心を閉ざしていた。坊屋春道との出会いで少しずつ他人にも心を開いていく。モデルは映画「マイ・ボディガード」の登場人物・リンダマン。

鈴蘭最強の男

鈴蘭史上最強の男。三代目武装戦線との抗争の時にはリンダマンの唯一の理解者である桂木を襲撃した武装の幹部である岩井を強烈なパンチ一撃で倒す。周りには多くの武装のメンバーがいたがその圧倒的な強さに恐怖を感じ一歩も動けなかった。また鳳仙学園の番長である美藤竜也にタイマンを挑まれるが気迫だけで攻撃を止める。結局は美藤とは殴り合うことはなかったが、その気迫から相当の実力があるがと美藤も感じている。作中では本作の主人公である春道に勝った唯一の男。春道も作中で一番強かった相手はリンダマンだと語っている。

リンダマンの強さと強い理由

上記でも説明しように多くの男達がリンダマンに破れています。圧倒的な強さゆえに喧嘩を売る者もほとんどおらず、別格の強さと言われています。何故ここまで強いのか考えみました。圧倒的な身長の大きさが関係してるのは間違いないでしょう。正確な身長は公式で発表されていなので分かりませんが、作中では2メートル近くある大男と言われていました。推測からしておそらく190センチ以上はあると思います。強烈なパンチ力も、持っていてほとんど喧嘩の際はパンチ一撃で終わらせてしまうほどで、春道も三代目武装の幹部である岩井がパンチをくらったのを見て合掌をしながら「あの男のパンチの痛さは、、、」と言っていました。また、とてっもなくタフで春道とのタイマンの時に集まった名の知れた不良達が「あんな強烈なパンチや蹴りをくらってなんで立ってられるんだ」と驚くほどです。

春道とのタイマン

初戦は春道達が坂東一派との抗争が終わり「この町最強の男はリンダマン」と聞いた春道が興味を持ち喧嘩を売ってくる。タイマンは接戦だったが最後は、リンダマンと春道がダブルノックダウン。引き分けとなったが互いが負けたつもりでいた。二度目のタイマンはリンダマンがもうすぐ卒業となり、春道から挑戦状を渡され、タイマンを張ることになった。その噂を聞きつけた町の不良達も大勢集まる中でタイマンが開始された。お互い一歩も譲らず、壮絶殴り合いが続いたが最後はリンダマンの右アッパーが春道に直撃し、作中で初めて春道は敗北した。その後リンダマンは春道を担ぎ病院の入口前まで運びそのまま立ち去った。

リンダマンの名言

「結局…お前とは殴り合いばっかでまともに話した事もなかったけど…
オレは…お前という男と出会えた事を心から嬉しく思ってるぜ…心からな…」

春道との2度目のタイマンが終わった時のセリフ。

まとめ

鈴蘭史上最強の男。作中では負け無しで圧倒的な強さで町の不良達から恐れられるが、自分が認めた男には不器用ながら愛情を見せる。卒業してからはバイクで全国を回る旅に出発した。その後、大阪で格闘技の大会に出場を希望している様子が桂木の口から伝えられている。