未分類

【クローズ】鳳仙キングジョーの名言や強さ 武田好誠との喧嘩まとめ!

クローズに登場するキャラクター金山丈についてまとめてみました。鳳仙学園を1年生の時にまとめた男。ゼットンなどと並ぶ新四天王とも呼ばれている。凄みのある顔と大きな体が特徴的。そんな金山丈についてまとめてあるので詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください!

キングジョー (金山 丈)とは


「新四天王」の一人。岡山県からやってきた新入生で鳳仙に入学して2・3日で鳳仙の1年をまとめあげる。その後当時鳳仙のトップである美藤秀幸を倒し鳳仙学園の番長となった。退屈が嫌いで争いごとを好む所があるが、クローズの2年後の物語WORSTではライバル校である鈴蘭高校とは実力差があることを感じ自らは抗争を避けるなど、3年になるころには冷静な分析もするようになっている。

1年生で当時の鳳仙トップに勝つ

1年でありながら、当時鳳仙のトップである美藤秀幸をタイマンで倒し鳳仙学園の番長となった。その後黒焚連合潰しを計画し、ブルにタイマンを挑んでいい所まで行くが最後にカウンターの頭突きをくらい敗北する。だが結果としてこの喧嘩がきっかけで名前がより大きく知れ渡ることとなった。

キングジョーの強さと名前の由来

1年であの鳳仙学園をまとめてある実力を持ってるので喧嘩の強さは相当なものだと考えられる。上記でも説明しましたが、1年で黒焚連合・頭ブルとタイマンでいい勝負をし、その前には黒焚連合・幹部である丸山健一を不意打ちではあるがラリアット一発で失神させている。WORSTでは「鳳仙学園史上最強の男」と月本光政が語っていた。名前の由来は金山「かね」を「きん」と読み、名前が丈なので合わせてキングジョーと呼ばれるようになった。

武田好誠との死闘

キングジョー、ゼットン、中島信助、武田好誠が偶然、ある喧嘩をきっかけに顔合わせる事になり「この新四天王と呼ばれる男達で誰が一番強いのか知りたくないか」キングジョーが言い始めた。そしてあみだくじで対戦相手を決める事になったのだが、途中で警察が来てそれぞれ逃げるが、再びその場に戻ってきたジョーがあみだくじする。その結果ジョー対好誠になった。数日後ジョーが好誠のもとを訪ね、あみだくじ結果を知らせることでタイマンを張る事になる。作中ではタイマンの勝敗はわからず、お互いに相当なダメージを受けていた。好誠は武装のメンバーに「どっちが勝った?」と聞かれるが「俺とあいつがわかっていればいい」と答え結果はわからないまま終わっている。ここからは個人的な推測だが、好誠が勝ったと思われる。「俺とあいつがわかっていればいい」という好誠セリフから負けたジョーを気遣っているように感じる。また同じチームのメンバーに勝敗を聞かれて負けた事を隠すのは好誠らしくないというポイントからタイマンの結果は好誠の勝利と考えられる。

キングジョーの名言

「分が悪いけー言うて大国に背ー向けとったら小国はいつまでも小国のままじゃろうが」

「それじゃー永久に天下は取れんのじゃー!!」

この後、美藤秀幸(弟)をタイマンで倒したキングジョーは鳳仙のトップに立ち、新四天王(金山丈、花澤三郎、武田好誠、中島信助)による時代が始まる。

まとめ

新四天王の1人。鳳仙史上最強の男とも呼ばれ、己の力一つで鳳仙のトップまで上り詰めた。武田好誠とのタイマンの結果は多くの読者が気になるとこですよね?上記に書いた結果はあくまでも個人的な予想なので「自分は好誠ではなくジョーだと思う」人などがいましたらコメントお願いします。