未分類

【クローズ】主人公 坊屋春道の強さや中学時代のエピソードなどまとめ!

クローズに登場するキャラクター坊屋春道についてまとめてみました。本作の主人公で喧嘩はめちゃくちゃ強いが、自分から喧嘩を売ることはほとんどない。性格は明るくスケベでお調子者。そんな春道についての各出来事のポイントなどもまとめているので、詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください。

坊屋春道とは


本作の主人公で鈴蘭高校に2年の時に転校してきた男。性格はスケベで明るいお調子者だが喧嘩がめちゃくちゃ強く、基本的には一匹狼で群れるのを嫌うが実は仲間思いで仲間のためなら自分の身を危険にさらすのもいとわない。しかし照れ屋な性格なため他人にはそういった部分をみせない一面もある。「俺は不良ではなく、降りかかる火の粉を払おうとしてたら喧嘩になるだけ」と本人は言っている。

坊屋春道の強さ

主人公だけあり、春道は喧嘩がめちゃくちゃ強いです。作中ではリンダマン以外には負けていません。武装戦線の九能龍信、黒焚連合のブル、鳳仙学園の美藤竜也と並び「四天王」の一人に数えられるようになるが、事実上は街で最強の男として認められている。3年生の時には「不良界最強の男」九頭神竜男(くずがみたつお)をタイマンで倒し、全国にその名が知れ渡るようになった。春道がその気になれば鈴蘭を統一し、番長になることもできたが本人は興味がないといいならなかった。

坊屋春道の中学時代

今では明るいお調子者であるが、中学入学したばかりの頃は人に笑顔も見せない凶悪な男で大勢の舎弟を引き連れていた。ある日高校生に呼び出された春道は5体5のタイマンをする事になる。だが途中で高校に怖気づいた味方4人がバックれてしまう。春道は1人になってしまい高校生5人にリンチされてしまう。その話を聞いた4人が春道の報復恐れ、高校に仕返しに行くが、返り討ちにされそのうちの1人が失明してしまう。それに責任を感じ、それ以来一匹狼で誰ともつるむことはしなかった。だが春道が中学3年の頃は今までのように明るい性格になっており、ゼットンとよくつるんで遊んでいた。その頃に周りの中学で一番デカい勢力を持つ二中にねらわれた春道は自ら敵地に乗り込み二中の番長を倒す。それをきっかけに桔梗中はこの地域一帯の中学をまとめたことになり、他の中学の番長達も春道に挨拶に来るようになってから春道は「この辺も何か住みにくくなった」といい町から姿を消したという。その2年後鈴蘭に転校して来る事になる。

阪東一派や武装戦線、鳳仙学園との激闘

2年生の時に鈴蘭に転校してすぐ坂東一派と抗争が始まる。ヒロミ、ポン、マコも抗争には少し参加していたが、実質春道が1人で坂東一派を壊滅させた。その後三代目武装戦線との抗争が始まった際も大人数相手でも1人で立ち向かい、後に四代目武装戦線・頭となる九能龍信とは2回目タイマンを張り、2回目とも勝利し、三代目武装戦線を壊滅させた。鈴蘭高校のライバル校の鳳仙学園との抗争では大人数に追われいる時に歩道橋の階段上からいきなり鳳仙のトップである美藤竜也に蹴り落され重傷を負う。春道が重傷を負い入院中も抗争は続き坂東やヒロミ達も美藤にやられてしまう。それを知り激怒していた春道のもとに美藤兄弟が現れ、今度は卑怯な真似はせずに正々堂々とタイマンで決着をつけたいと申し出る。春道の傷も完治し、河川敷でのタイマンで春道は最初は美藤に押されるように見えたがほとんどダメージは無く、その後は春道が圧倒的な強さを見せて勝利。鳳仙対鈴蘭の抗争は鈴蘭の勝利で幕を閉じた。

最強の男リンダマンとの決戦

リンダマンとの初戦は坂東一派との抗争が終わり、この町最強の男はリンダマンと聞く、しかもそのリンダマンは人殺しと噂されていた。その真相に興味を持った春道はリンダマンに喧嘩を吹っ掛ける。タイマンは接戦だったが最後は、リンダマンと春道がダブルノックダウン。引き分けとなったが互いが負けたつもりでいた。リンダマンが人殺しと言われる真相も桂木より明らかになる。二度目のタイマンはリンダマンがもうすぐ卒業となり、もう一度リンダマンと真正面からケリをつけたいが、どうやってケンカを売っていいのかわからない春道は挑戦状を書く、そしてタイマンを張ることになった。その噂を聞きつけた町の不良達も大勢集まる中でタイマンが開始された。お互い一歩も譲らず、壮絶殴り合いが続いたが最後はリンダマンの右アッパーが春道に直撃し、作中で初めて春道は敗北した。

金髪オールバックのスカジャンがトレードマーク

坊屋春道といえば金髪オールバックのスカジャンがトレードマークですよね。僕も憧れて昔スカジャンを買ったことがあります。春道のファッションなどを調べてみるとクローズの主人公だけあり、人気が高く真似している人も結構いるようです。

意外にも春道の真似している人の年齢層は広く多く若い人達も髪型などを真似していました。

坊屋春道の名言

「自分がカッコわりィ~と思うことはオレはやらね~」

春道は九頭神竜男にタイマンを挑まれ護國神社でやることに、だがそれを知った竜男に怨みをもつゲジゲジ兄弟に待ち伏せされ竜男は角材で頭を割られてしまう。だがゲジゲジ兄弟は不意打ちをしたのだが逆に竜男に返り討ちにされる。そして春道と頭から血を流しながらも勝負しようとするが、その傷が治ってから来いオレは「自分がカッコわりィ~と思うことはオレはやらね~」と言いタイマンはまた後日となる。

まとめ

本作の主人公で、恥ずかしがり屋だが仲間思いで腕っぷしはかなり強い。作中ではリンダマン以外に負けていない。最強の男の1人、九頭神竜男倒してからは全国的に名前も知られていくことになる。3年生になる頃には戸亜瑠市では誰もが最強と認められる男になっていた。鈴蘭や他校の同期生が卒業していく中、ただ一人3年生を留年をしている。その後ヤスに「学校を辞める」と告げ、そのまま街から姿を消した。そんな春道について何か情報がありましたらコメント欄の方でお願いします!