未分類

【クローズ】鳳仙最強 美藤兄弟の兄 美藤竜也の強さや名言などまとめ!

クローズに登場するキャラクター美藤竜也についてまとめてみました。鳳仙の頭で1年の時から幹部扱いされている。基本的には群れるのを嫌う一匹狼でクールな性格の持ち主。そんな美藤についての各出来事のポイントなどもまとめているので、詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください。

美藤竜也とは

鈴蘭高校のライバルである鳳仙学園の頭。美藤三兄弟の次男で、「四天王」の一人に数えられている。空手の経験者で、蹴り技を得意とする。死んでしまった兄が成し遂げることが出来なかった打倒鈴蘭を目標としていたが坊屋春道にタイマンで敗北し、打倒鈴蘭を成し遂げる事は出来なかった。3年に進級した後は秀幸に鳳仙リーダーの座を譲り、春道の誘いでスネイクヘッズとの抗争に身を投じるなど、鳳仙とは関係のない所で気ままに動き回っていた。四代目武装戦線・頭である九能龍信とは犬猿の仲でライバル視している。

鳳仙最強の男

鳳仙最強の男で2年にして実力は鳳仙のトップ。鳳仙に入学して直ぐに幹部として扱われるほどで、中学の頃は地元の中学をほとんどシメていた。作中では中学の頃に三代目武装戦線の幹部2人をあっという間に倒し、その後に龍信までも倒している(現在は龍信とは互角の実力と言われている)。基本的には一匹狼なので実力は鳳仙のトップでありながら番長という肩書を嫌うため弟の秀幸に鳳仙リーダーの座を譲り、自分は自由気ままに行動している。スネイク・ヘッズとの抗争では一時的に結成されたチームP・A・D(パルコアンドデンジャラーズ)のメンバーになっている。

美藤竜也の強さ

2年で実力は鈴蘭のライバル校である鳳仙のトップであることから相当の実力と言って間違いないでしょう。鈴蘭と鳳仙の抗争編の時は、鈴蘭の実力者である坂東秀人、桐島ヒロミを1人で圧倒的な実力で倒した。P・A・D編では県南で最大の勢力を持つスネイク・ヘッズとの抗争ではその強さを見せ高額の懸賞金がつけられる。本作の主人公である坊屋春道が多くの男と喧嘩してきた中で3番目に強かったというほどの実力者である。

長男は鳳仙伝説の頭

美藤三兄弟の長男で名前は美藤真喜雄。かつての鈴蘭との全面戦争において圧倒的な実力を見せ鳳仙のカリスマと言われていた。1対多数でもその圧倒的な強さの前ではほとんどの者が敵わなかった。抗争最中に当時の鈴蘭最大派閥である川西一派のトップである川西にナイフで刺され、命を落とした。桂木と共にリンダマンの良き理解者だった。リンダマンによると、群れるのを嫌い、怒るととても恐ろしかったという。

美藤竜也の名言

「帰ってお前らのボスに伝えろ。俺の首に値段を付けているなら九能龍信より高くしろってな。」

P・A・D編でスネイク・ヘッズの多く兵隊を圧倒する。P・A・Dのメンバーに懸賞金が付けられていつ事を知って言ったセリフ。

まとめ

四天王の1人で鳳仙最強の男。団体行動を嫌う一匹狼のため、3年になる頃には弟の秀幸に鳳仙リーダーの座を譲り、自由気ままに行動している。3年生の途中、家庭の事情で秀幸と共に鳳仙を離れ、上京する。龍信とは犬猿の仲だったが、後に龍信と同じジムでボクサーを目指すなど、関係が改善された様子が見られている。