未分類

【クローズ】武装戦線四天王 阪東秀人の強さや桐島ヒロミとの関係まとめ!

クローズに登場するキャラクター坂東秀人についてまとめてみました。三代目武装戦線四天王の一人で鈴蘭最大派閥である坂東一派のリーダーでもある。性格はナイフで人を切りつける様な危険な面もある。そんな坂東についての各出来事のポイントなどもまとめているので、詳細情報を知りたい方はぜひご覧ください。

阪東秀人とは

三代目武装戦線四天王の一人。武装の二代目頭だった菅田から三代目武装の頭に指名されていたが、菅田はバイク事故で命を落としてしまう。彼の死後、当時副頭だった九能秀臣が三代目武装の頭になる。菅田の意思に反して武装を凶悪集団に変貌してしまう。三代目武装を対抗する戦力を得るため千田・山崎と共に黒咲工業から鈴蘭に転校、校内最大派閥を築き上げ、1学年下のヒロミらと抗争を繰り広げていた。

三代目武装戦線四天王の一人

三代目武装戦線四天王の一人。武装の幹部だが頭である秀臣のやり方を嫌っていた。凶悪な暴力集団になってしまった三代目武装を潰し、菅田が言っていた「兵隊はいらない必要なのは仲間だ。」という言葉を思い、鈴蘭をまとめ三代目武装を潰そうとする。鈴蘭最大派閥を作り上げるが、1学年したのヒロミ、ポン、マコを倒せば鈴蘭を制覇し三代目武装を潰す戦力が出来ると思ったが、転校してきた坊屋春道に派閥を壊滅させられてしまい、その後坂東も春道とのタイマンで敗北した。だが坂東はまた1からやり直し本物の仲間だけを集めたチームを作ろうとするが、三代目武装を潰そうとしていたことがバレる。味方である山崎に坂東の居場所を言われ、裏切られてしまい三代目武装のリンチされ重傷を負い入院。武装から追放される。退院した後は鈴蘭に復学し、鳳仙との抗争で美藤竜也と壮絶なタイマンを演じた。鳳仙との抗争が終わりその後は、リンダマンと共に鈴蘭を卒業した。

阪東秀人の強さ

武装の幹部で、春道が来るまでは鈴蘭最大派閥を作っていたことから喧嘩は強いと言っていいと思います。三代目武装では喧嘩の実力は九能龍信の次に強いとされている。もしも菅田が生きていたら三代目武装の頭になっていたはずの男なので喧嘩の実力はそれなりにあると思われる。

1つ下の桐島ヒロミをライバル視

黒焚から転校し、鈴蘭で最大派閥を作り上げる。だがヒロミ、ポン、マコの3人は何度倒しても向かって来る。坂東はそんなヒロミ達を目障りに思いながらも、内心では実力を認めていた。この3人のリーダー的存在のヒロミをライバル視していた。何度もぶつかり合い、顔を合わせるだけで喧嘩になっていた。春道一人に派閥を壊滅させられタイマンに敗北した後、秀臣の制裁を受け入院。退院した後は鈴蘭に復学し、鳳仙との抗争で美藤竜也と壮絶なタイマンを演じてヒロミと和解。卒業後は上京し、一年後に鈴蘭を卒業したヒロミらとバンドを組む。

阪東秀人のかっこいい名言

毎日毎日くそみそ働いて十万ちょっとの金を手にして「オレももう落ち着いただの 昔はパワーがあった」だの そんな愚痴こぼして満員電車に揺られて老いぼれてでもいこうってーのか?あー!!?

坂東が退院し、もう一度やり直すため千田を誘う。だが千田は「もう俺らも落ち着こう」と言われた時のセリフ。

まとめ

三代目武装戦線四天王の一人で春道が転校して来るまでは鈴蘭で最大派閥を作っていた。春道にタイマンで破れた後、三代目武装に裏切りがばれてしまい、真木誠司にバイクで轢かれ入院。その後退院し、鳳仙との抗争の際には美藤竜也と壮絶なタイマンを演じてライバル視していたヒロミとは和解。その後リンダマンと共に鈴蘭を卒業する。卒業後は一年後に鈴蘭を卒業したヒロミらとバンドを組んで活動している。